川岸 – ジョルジュセラ

川岸   ジョルジュセラ

Georges Ceratがこのキャンバスをフランスで書きました。キャンバスのスタイルは印象派です。硫黄は彼の作品に見ることができる自然を崇拝する芸術家の一人です。彼はたくさんの風景、人々の単純な生活、動物を描いた。彼のキャンバスは明るさと光でいっぱいです。

Georges Seuratのもう一つの特徴は、彼が自分の作品の一部をキャンバスではなく木製の板に描いたことです。しかし、これはすべてのアーティストのスキルではありません。硫黄は彼自身の個々の様式を作成することを捜し、そして夢見たそして彼はこれに成功した。彼は色転写ドットの助けを借りて描き始めました。このスタイルは彼を点描と呼んだ。それぞれ独自の役割を果たす別々のカラードット。ただし、一般的な概要では表示されませんでした。

川岸はテンペラを使ってフランスで作られました。絵は互いに重なっているストロークで書かれています。芸術家はいつも色はコントロールできると言った。そして彼はこれに成功しました、セラは巧みに光の効果を伝えます。キャンバスとストロークを作りましたが、それでも現実的に見えます。芸術家は水面を描くことができました、そしてそれに反映される影と太陽のまぶしさは非常に自然です。

小さな波は海岸に立っている木からの微風によって作り出されます。空の白 – 青の色は空の雲について私たちに伝えますが、それらはその日は重要ではなく、太陽が水の中で輝くのを妨げませんでした。黄緑色の木が近づいてくる秋について教えてくれます。水面上の明るくジューシーな色調は、アーティストがこのキャンバスを作成した日がとても晴れていたという事実を正確に説明しています。写真はセーヌ川を示しています。

このアーティストのもう一つの特徴は、細かいところまで細心の注意を払って自分が見たものだけを書いたことです。創造性セラは彼の人生の10年未満を取りました、しかし彼は彼の後ろに小さな芸術的遺産を残しませんでした。この絵はニューヨーク美術館に保管されています。アメリカ


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

川岸 – ジョルジュセラ