川口の渡りフェリーの善光寺修道院

川口の渡りフェリーの善光寺修道院

学校の天台善光寺修道院は川口という場所にありました。それは長野県に約1,400年前に建てられた聖域の枝であり、また善光寺と呼ばれていました。現在、長野の善光寺はパブリックドメインです。川口の善光寺修道院を訪問するには、隅田川を渡る必要がありました。交差点は江戸の北郊外にあった。川口の渡りと呼ばれるこの交差点は彫刻で描かれています。

右下には、4人の巡礼者がいるフェリーボートが見えます。桟橋まで移動しますが、彫刻では見えません。川の左岸に描かれている3人の訪問者も行きます。シートの一番上には、彫刻の名前が入った黄褐色のカルトゥーシュに半分隠れている善光寺修道院自体の赤い建物が見えます。彫刻スペースの大部分はスミダガバ川によって占められ、フェリーがそれに沿って浮かんでいます。

ボカシの紺色の帯は川の中央とその両岸に沿って走っています。シート初期版の色は拘束色が異なります。後のバージョンでは、全体的なリッチカラーソリューションに加えて、青いバンドがSumilagavaストリームの中央にハイライト表示されます。カルトゥーシュの色も変わります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

川口の渡りフェリーの善光寺修道院