小屋のある風景 – Alexei Savrasov

小屋のある風景   Alexei Savrasov

1960年代のランドマーク作品は、絵画 “小屋のある風景”を含みます。一見すると、その中で開発されたモチーフは風景画家にとって魅力的ではないかもしれません:茅葺き屋根の下の小屋と隣接する屋根付きの中庭

家の前の牧草地には犬がいて、鶏が歩いています。赤いオンドリが小屋の屋根に急上昇しています。シンプルで、ほとんど悲惨な動機。

それと同時に、その作品はとても人道的なので、レビタンの村を書く能力についてのチェーホフの言葉は、「灰色、哀れな、失われた…」と思わず思い浮かんできました。



小屋のある風景 – Alexei Savrasov