寺院の紹介

寺院の紹介

アルハンゲリスク地域、クリヴォーの村の被昇天教会から発生します。アイコンはおそらく神殿に聖母のプレゼンテーションの名の下に小さな古代教会の寺院の画像だった。

1775年に建てられたKrivetsky Pogostの聖母被昇天教会では、それはおそらく他のアイコンと一緒に、古い教会の廃止の後に来ました。アイコンのプロットの文学的根拠は、主の奉仕への赤ん坊マリアの献身についてのジェームズの原福音書の物語です。

テキストによると、3歳の時、マリアは両親から旧約聖書の教会に連れて行かれました。そこでは、彼女は最大12年間住んでいて、天使の手から食べ物を受け取っていました。壮大な旧約聖書教会は、大祭司ザカリヤがメアリーと出会う閾値を超えて、小さな三身廊教会の居心地の良いインテリアとしてアイコン上に解釈されています。寺院の3部の区分は鎖のアーチの下で補強される3つの章および3つの吊り下げ式lampadasによって強調される。

ベイビーメアリーは作曲の中で2回表現されています。「紹介」シーンでは、彼女の壊れやすい人物が「天使の餌食」シーンで、階段の上段に、出入り口の背景に描かれています。

このアイコンのユニークな特徴は、正義の誠実さと誠実さを大切にするために、12歳の乙女マリアを神殿に連れて行った、義人のジョセフ・ザ・ハンドキュファーの姿を組み入れたことです。



寺院の紹介