寺院に連れて行って – Vittorio Carpaccio

寺院に連れて行って   Vittorio Carpaccio

San Jobb教会を対象としたこの絵は、同じ教会のために書かれた聖人 “Giovanni Bellini”でマドンナと競うことでした。

ここで特に好奇心旺盛なのは、リュート奏者で、脚を上げていることで有名です。そのような生きているキャラクターはまだベネチアン生産の祭壇の作品にありませんでした。」



寺院に連れて行って – Vittorio Carpaccio