寺院にやってくる – Ambrogio Lorenzetti

寺院にやってくる   Ambrogio Lorenzetti

シエナの達人であるAmbrogio Lorenzettiがこの祭壇を作りました。そこから中央部のみが私達に届きました。教会のゴシック様式のインテリア – ロレンツェッティでの行動は祭壇が意図されていた大聖堂で行われます – 例えば、花輪を支える翼のある天才と、正面の「アンティーク」彫刻と結合されます。

舞台の厳粛さは、衣服の鮮やかで響きのある色彩と建築の要素によって強調されています。詳細にはこの気分の高さが素晴らしく詳しく書かれています。

シメオン長老はキリストの子供を腕に抱きしめて恐れをもって預言していますが、メアリーはその言葉を聞いて悲しみ、自己吸収しています。老人に耳を傾ける他のすべてのキャラクターも彼らの感情に恵まれています。描かれた人々の気持ちを表現し、彼らの数字をかなりボリュームのある方法で書くというこの願望は、近づいているルネサンスの疑いの余地のない兆候でした。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

寺院にやってくる – Ambrogio Lorenzetti