孔雀を持つ女性 – ルイ・ジョン・リード

孔雀を持つ女性   ルイ・ジョン・リード

ルイ・ジョン・リードはストークオントレントの有名な陶芸家の王朝の代表でした。1870年代、ルイ・ジョン・リードはパリで絵画の勉強をし、その後イギリスに戻ってロンドンのナショナルアートスクールで学び、しばらくの間ロンドンの出版社カッセルで働きました。

美術学校で勉強している間、彼はおそらくウィスラーの絵画や美的運動の他の有名な代表者を見ました。この動きは日本美術の強い影響を受けて発展しました。運動の参加者の作品の最も特徴的な特徴は様式化された自然のモチーフの使用でした、そしてそれは後にアールヌーボー様式の代表によって知覚されました。しかし、美学は単なる装飾への欲求以上のものでした。重要なのはその文学的側面であり、それはオスカーワイルドの作品に最もはっきりと表現されていました。

ルイ・ジョン・リードに関しては、美学主義は彼の作品 『ピーコックの女性』で最も顕著でした。孔雀の画像は、ウィスラーとウォルタークレーンに現れます。ランドスケープの背景には、リードによる作品がグループ「ナビ」のモーリス・デニスの影響を感じました。それにもかかわらず、リードによって描かれた女性はユージーングラースの文字に似ていて、パリのオートクチュールへの疑いのない関心を示している当時の最新のファッションに身を包んだ。リードのデッサンはリトグラフされて、収集品として「L’Estampe Moderne」に出版されました。



孔雀を持つ女性 – ルイ・ジョン・リード