子供と四つの聖人とマドンナ – Rogier van der Weyden

子供と四つの聖人とマドンナ   Rogier van der Weyden

Rogier van der Weydenの生涯の間に、彼の作品はイタリアで広く知られるようになりました。彼の顧客の中には、多くの高貴で裕福なイタリア人がいました。いくつかの報告によると、マスター自身も1450年にイタリアを訪問しました。イタリアの影響は、少なくとも2つの絵画で、Rogir自身によってまたは彼の工房から書かれて感じられます。これらは「キリストの喪」と「子供と四人の聖人とのマドンナ」です。両方の絵は、明らかに、ロジェがイタリアを訪れた直後に制作されました。

「飲み物」の中に「イタリアの道」が見えますが、とりわけ死んだ救世主の姿勢の中にあります。そして絵の全体の構成は、この重複をランダムであると考えるにはFra Angelicoの “Position in the Coffin”によってあまりにも明らかに反響されています。特に、キリストの墓は洞窟の形で描かれています – それはイタリアの芸術家によって描かれたものと全く同じです。

子供と四人の聖人とのマドンナに関しては、ここでそれはまた北ヨーロッパの美術のそれよりイタリアの絵画のより特徴的である構成の対称性に注意する必要があります。さらに、絵の下に置かれた盾の上で、見る人はユリ – フィレンツェの紋章 – に気づくかもしれません。

その後、両方の絵画はメディチ家によって取得されました、そして、これは彼らがかつてこの姓のメンバーの一人によって注文されたことを示唆します。ロジェが関係していたもう一人の貴族のイタリア人家族はエステです。それは彼がFrancesca d’Este、Leonello d’Esteの不法な息子の肖像画を描いたことが知られています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

子供と四つの聖人とマドンナ – Rogier van der Weyden