女木川水路の松「ごほんまつ」 – 歌川広重

女木川水路の松「ごほんまつ」   歌川広重

かつて女木川運河の土手には5本の松が生えていましたが、この彫刻がされるまでには1本の松しか保存されていませんでした。地形はまだ “五本松”を意味する “五本松”という名前を持っていますが。松は東の首都の魅力の1つになりました、ここでそれは満月を賞賛することに決めました。

彫刻の最前線に押しやられる広大な松の枝は、3本の柱を支えています。そこを通って、アズッケンガヴァ運河に架かる家と小さなザトウクジラ橋が、女木川への流入場所にあります。実のところ、女木川海峡は完全にまっすぐで、彫刻のように右に急に曲がることはありませんでした。

運河とAziukkangavaが合流した場所の運河沿いの建物と橋を見せるために、運河の同様の画像が芸術家に要求されました。広重は「江戸の名所の絵本」の影響を受けた彫刻を書いたと考えられています。女木川運河の水は、一般的な色の模様と同様に、後期の葉の中で明るく濃い色調になります。濃い青の帯がチャンネルの左岸に沿って走っています。彫刻を背景にした夕日の帯が広くなります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

女木川水路の松「ごほんまつ」 – 歌川広重