女太陽と七頭龍 – アルブレヒト・デューラー

女太陽と七頭龍   アルブレヒト・デューラー

「太陽と七つの龍をまとった妻」の彫刻の中で、アルブレヒト・デューラーは、神聖なるヨハネの本「黙示録」の第12章を示しています。

「そして、天国には大きなしるしがありました。日光浴をした妻、足下の月、そして頭に12個の星の冠がありました。

そして彼女は男性の子供を産んだ。その子供は鉄の棒ですべての国を養うことになっていた。彼女の子供は神とその王位に追いついた。

そして妻には大きな鷲の翼が2つ与えられたので、彼女は蛇の顔から自分のところへと荒野に飛び込み、そこに何度も何度も、そして半分の時間も与えた。

Albrecht Durerは彫刻に関するすべての出来事を詳細に描いています:彼の妻は、太陽を着て、彫刻の左側に描かれています。これは魅力的な若い女性です、彼女の頭は王冠で戴冠しました、そして、顔に恐怖の影はありません。

右下に、再び彼の妻を追求している邪悪な7頭のドラゴンが、彼女は「2つの翼…」を与えられました。

さまざまな時代の神学者たちは、太陽と月を教会と王国の象徴として解釈しています。しかし他の神学者たちは、妻の頭の上のヨハネの物語の中に王冠ではなく、栄光を象徴する王冠があると強調しています。

Durerは説教から知っていました:龍の7つの頭は7つの致命的な罪を表します:嫉妬、怠惰、誇り、欲望、大食い、怒りとstり。もっと嫌になればなるほど彼は彼らの顔をするでしょう。歪んだ鼻 – ラクダ、イノシシ、ライオン、ペジャと他の3匹の未知の動物、顎を伸ばした、細長い舌、剛毛、ぎざぎざ、蛇、鋭い爪、爬虫類の体のようなしわ、Webbedの翼 – 恐怖と嫌悪感を引き起こす可能性があるすべてがここに接続されている – “Semigol dragon”。

彼が曲がったそれぞれの首、それぞれの頭は特別なターンを持ち、それらを共通のリズムと組み合わせました。それは非常に複雑な、しかし手ごわいことではありませんでしたが、意外にも洗練されていて面白いものでした。詳細なリストは冗長でした。不思議な人は言わないでおく必要があります。

しかし、彼は太陽の女性と赤ちゃんを見えるようにする必要があったので、彼はそれらをメアリーとキリストとして描写しました。この中で、彼は従順に伝統に従いました – 彼の「黙示録」の何人かの例のうちの1つは、前例のない、まだ現れていない。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

女太陽と七頭龍 – アルブレヒト・デューラー