太陽 – エドヴァルド・ムンク

太陽   エドヴァルド・ムンク

オスロ大学のためにムンクが作った壁画は、芸術家の態度に変化をもたらしました。やや人為的な楽観主義が憧れや失望に取って代わるようになります。ムンクはこれまでそのような大規模な絵を扱ったことは一度もありませんでしたが、彼は彼の前の仕事で素晴らしい仕事をしました。

最も成功したのは彼の絵で、その主なテーマは太陽 – 永遠の光と生命の源でした。それはノルウェーの南海岸のフィヨルドの一つの水に反映されるようにムンクに描かれていますが、それは抽象芸術家を思い出させるような大胆で様式化された方法で書かれています。

この注文を受けて、ムンクはキャンバスに油を塗ったため、壁の絵にはあまり見られない色や質感の素晴らしい効果を得ることができました。



太陽 – エドヴァルド・ムンク