天使とガーランド(フレスコ画) – Agnolo Bronzino

天使とガーランド(フレスコ画)   Agnolo Bronzino

Angelo Bronzino “天使とガーランド”。フィレンツェのヴェッキオ宮殿にあるエレオノーラトレド礼拝堂のフレスコ画、天井に飾り、サイズ185 x 152 cm、詳細。天使のいる花輪はチャペルのドームの絵の主な装飾品です、それは共通の意味論的な構成でプロット断片を囲みながら、作業空間をセクターに分けます。

作家の優雅さで、芸術家は沢山の花と果物でチャペルの金庫室を寛大に満たしました。そこでは、ふわふわの吹きだまりの白い雲が青い空に積み上げられています。画像は静的ではなく、カルーセルの原理上、構図全体が円を描く円運動を受け、水色の空を背景にしたワシの画像は壮観な色のアクセントだけでなく、不安な気分、微妙な危険感ももたらします。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

天使とガーランド(フレスコ画) – Agnolo Bronzino