大天使ミカエル – Agnolo Bronzino

大天使ミカエル   Agnolo Bronzino

Angelo Bronzino “大天使ミカエル”。フィレンツェのヴェッキオ宮殿のエレオノーラトレド礼拝堂のフレスコ画、天井画、サイズ185 x 152 cm、詳細。芸術家は天井から礼拝堂を描き始めました、そして、これらの最初のフレスコ画はそれに続くものより「より様式主義的」であると記述することができます、例えば、「モーセは岩から水を切り出す」。

大天使ミカエルの顔は美しくて英雄的で、そして狡猾な悪魔 – 怒っていて似顔絵 – の像。パレットは、プロットの感情的な緊張にもかかわらず、明るく青みがかった灰色の楽しい色で支えられています。



大天使ミカエル – Agnolo Bronzino