大声で手紙 – Eugene de Blaas

大声で手紙   Eugene de Blaas

今日の若者の何人が、そのエピストリーのジャンルが何であるかを知っていますか?そして彼らが知っていれば、彼らはしばしばそれで練習しますか?それでも、手書きの手紙はどういうわけか昨日の日になりました、そして残念ながら、永遠に。もちろん、これらすべてのSMS、ICQ、Skypeは、技術的にはるかに優れていますが、コミュニケーションに心のこもったさと暖かさを加えていません。しかし古典は愛し、手紙を書く方法を知っていた!ドラフトでさえそれをしました。いくつかのページの他のメッセージは芸術品です!そして愛の言葉は何ですか!結局のところ、恋をしている人は異常になります

雄弁で霊感を受けています。女性のようなものに触れることは、甘く、痛みを伴い、そして痛みを伴います。つまり、ラブレターはロマンチックアートの「永遠の」テーマです。絵を含む。よく教えてください、アーティストが女性から愛されている人から手紙を受け取る瞬間を無差別に無視することができるのですか?それだ!それは今では19世紀後半のE.・デ・ブラースのあまり知られていないイタリアの画家である。

一般的にイタリア人はかなり気性の高い国であり、彼らは「愛の言葉」に完全に精通しています。「大声で出す」というキャンバスには誰がいますか?二人の若い女性、そのうちの一人は紳士のメッセージに恵まれていた、そして二人目は友人とリスナー。もちろん、最初の女性 – その当時のコルセットにしっかりと挟まれた狭い腰を持つ黒い目と黒い眉毛の茶色の髪の女性 – はとても幸せそうに見えます – 明るく、夢のような半分の笑顔が唇を演じています。彼女は、愛する人すべてについて – ここでは考えずに – すべてです。しかし、2番目の表情は、率直に言って、憂慮すべきことです – うらやましい、滑りやすいものがあります。トーゴと見て – いくつかの厄介なまたは下品さを言う!おそらくこれは仮定にすぎません。しかし、どちらも本当にリアルです。



大声で手紙 – Eugene de Blaas