夏の牧歌 – フランソワ・ブーシェ

夏の牧歌   フランソワ・ブーシェ

フランスの芸術家フランソワ・ブーシェの絵「夏の牧歌」。絵の大きさは259 x 197 cm、キャンバスに油彩。ご存知のように、牧歌的な傾向は、大都市の騒々しいそして無駄な生活を、田舎の居住者の静かで自然な、気楽な生活に反対させたいという願望です。例えば、有名な小説「アルカディア」では、サンナザロの牧歌的な傾向があらゆる行に現れています。

著者は序文でそれを率直に表現し、緑の葉の木陰でさえずり、森の鳥が彼らの街の姉妹よりも私たちの耳を魅了し、金色の檻の中で座っています。サンナザロは自分のために物語をリードし、不幸な愛に駆り立てられてアルカディアへと引退し、羊飼いたちが毎日集まっている美しい谷をパルテニ山の頂上に発見した。ka、投げ槍で、歌って、踊って、そして休日に彼らは彼ら自身の中で詩的な競争を組織しました。

これらの娯楽の説明は、小説の内容と主な関心事を構成しています。羊飼いの会話はあまりにも洗練されていて、その単純な生活にはまったく対応していません。彼らは本物の羊飼いのようには見えませんが、羊飼いの服装をした羊飼いの服装をしています。それにもかかわらず、アルカディアは16世紀の間にイタリアで支えられた大成功で、約60の版が出版され、ヨーロッパの多くの言語に翻訳されました。17世紀には、フランスの牧歌的な小説は英雄的で日常生活の小説に置き換えられ、牧歌的な小説はドラマの中で避難を求めました。

18世紀の終わりまでに、牧歌的な芸術はもはやヨーロッパ中で人気がありませんでした。牧歌的な “チューリッヒのテオクリトス”、フランスで彼の反響を見つけたGessner、およびAndreChénierによるいくつかの詩を除いて、それは平凡より上に置くことができるようなものは何もありません。芸術が芸術的表現に加えてそれ自身に広い社会的課題を設定し始めた19世紀に、牧歌は時代遅れになっただけでなく、完全に存在しなくなった。



夏の牧歌 – フランソワ・ブーシェ