墨島神社休日 – 歌川広重

墨島神社休日   歌川広重

佃島は隅田川の河口に位置しています。17世紀の初め、徳川家康は特別な法令で36人の漁師を江戸に移しました。特に白老の魚を捕まえるために将軍の食卓に届けられました。最初は、彼らは大きな魚市場があった魚岸の日本橋地区に住んでいました。しかしそれから、彼らはSumidagava川の河口に砂州を割り当てられました。ここで彼らは人工島を作り、永住地に引っ越しました。

島は漁師の故郷の名前にちなんで、Cykudajimaと名付けられました。時間が経つにつれて、島は聖域Sumiesi-jin-jiaを造りました。その主な神は海の保護者でした。3年に一度、お寺まつりすみせい舞うが開催されました。彫刻の中心には、「Sumiesi Daymed-zin」と刻まれているお祝いバナーの後ろに、行列の参加者が湾に運ぶ駕籠 – Mikosiがあります。神聖な駕籠が湾の水域に浸かった、それは海の神との関係を象徴していた。

それから行列は島を迂回して聖域に戻った。旗の右側には、お祝いの赤い提灯の一部が見えます。後期彫刻の濃い青の縞模様は、背景にある大きな船の左側の牛を強調し、現在の川を越えて海岸に向かっています。シートの上端の青い縞は、後のシートではピンクブラウンに変わります。



墨島神社休日 – 歌川広重