堀江とねこざね – 歌川広重

堀江とねこざね   歌川広重

江戸の塩を供給していた跡作地区には、堀江、ねこざね、東大島の3つの村がありました。Edogava川の支流であったSakaigava川のほとりには、HorieとNekozaneの村がありました。見る人はそれらをシートの中央に見ることができる。左側には堀江の村があり、右側にはネコザネがあり、それらは小さな橋でつながっています。村は江戸湾の低地に位置し、しばしば津波や洪水に見舞われました。

ネコザネは湾の近くに位置し、津波Einin 1293の間に特に激しい打撃を受けました。ダムは村の住民によって建てられました、そしてToeuke-jin-jiaの古代の神社の隣に位置しました。ダムはその上にたくさんの松を植えることによって強化されました – 実際、これは村の名前に影響を与えました。「ネコザネ」という言葉は「ネオコスヌ」 – 「虹色の根がない」というフレーズから来ています。漁業は両方の村で繁栄しました。魚介類は江戸に供給されていました、そして、バカギ殻は特に人気がありました。遠くに、湾の海岸に沿ってシートの深さで、ボートの2つのマストが見えます。

左手には富士の真っ白な山頂があります。2枚のシートの間の主な色の違いは濃い青になり、彫刻の上縁でほぼ黒い帯に変わります。これは後の版に関係します。木の輪郭は背景の霧の光のストリップの背景に対して暗いシルエットで際立っています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

堀江とねこざね – 歌川広重