堀切の菖蒲 – 歌川広重

堀切の菖蒲   歌川広重

綾瀬川の南西、向越島の北に位置する堀切村は、菖蒲や牡丹の農園で知られていました。その土地は谷間にあり、土は湿っていたので、たくさんの湿気を必要とするアイリスはここでよく育ちました。

江戸時代の後半には、百三十種類の品種のうち約五千個の菖蒲がここに生えました。それらは田んぼで育ち、木の足場が花の列の間にありました。堀切村は江戸の近くにありましたが、夏になると菖蒲が咲く頃には、ハンスのためにここに来るのが習慣でした。菖蒲の巨大な花は彫刻の前景に描かれています、それらは装飾的で装飾的です。

背景には彫刻が町民の微妙な人物像です。これらの花は広重の時代に特に人気がありました。花は休日の主な象徴の一つだったので、彼らは5月5日、男の子の日に特に需要が高かった。彼はまた現代美術の象徴にも影響を与え、それは日本の芸術的伝統の要素の多くを吸収しました。後の版での色の変化は、前景の虹彩の色に触れました。ダークブルーのストライプは背景の牛の縁に沿ってではなく、シートの下端に沿って通ります。彫刻の上端にあるボカスストリップが広くなります。



堀切の菖蒲 – 歌川広重