城壁の外スケート – Hendrik Averkamp

城壁の外スケート   Hendrik Averkamp

Hendrik Averkamp – 初期のバロックの最大のオランダ人画家の一人、彼はリアルな風景画のスタイルで働き始めた最初の人でした。アヴァルカンプは、生まれつき聴覚障害者で愚痴で、初期の仕事ではほとんど冬景色を描いていました。聴覚の助けを借りてこの世界を感知することができなかったことは、彼の色の感覚、多人数構成における最小の要素に気付く彼の能力を著しく悪化させた。

微妙に変化する照明の転送では、彼は同等ではありませんでした。都会の冬の風景は芸術家をオランダ中で広く知らせたので、彼の作品は彼の一生の間に非常に需要がありました。アバーカンプの写真では、自然が最初に描かれ始めました。それまでオランダの絵画における新しい芸術的な傾向が出現したのは、それまでフランドル地方の主要な絵画学校は完全に現実的ではなかったためです。

「城壁の外で滑る」 – オランダ人の最も特徴的な作品の1つで、銀色のスケールで書かれた、塗料は非常に慎重に選ばれています。小さな数字のスケーターが装飾的な精度でキャンバスの三次元空間に刻まれています。芸術家の典型的な構成上の決定の1つは寒い透明な冬の空の非常に現実的なイメージです。そして、全体の絵に活気と北部の冬の新鮮さの感覚でいっぱいです。細かい細部に関してのAverkampの小学校はまたこの仕事で明らかにされた。このように、キャンバスの左下隅の女性の注意深く強調された赤い帯は興奮を加えます。そして、凍った湖に乗るようになった残りの町民の陽気な興奮を伝えます。

XVII世紀の半ばまでに発展した国のまさしくその状況。すなわち、教会の国の生活への影響、社会における強力な中流階級の形成を著しく弱体化させたプロテスタント改革は、アベルカンプを含む画家の作品における様式と方向づけの方向転換をもたらした。イーゼル法によって作られた彼のキャンバスの小さいフォーマットは、これからの絵画が最高のカーストの選ばれた代表者のためにではなく、一般大衆のために意図されたという事実のためでした。

彼のキャリアの終わりに、Averkampは彼の作品の境界を著しく広げました。今、彼は芸術的な主題の創造に関与するより多くのキャラクターを持っています。

現実的な都市景観の名士として認められたアベルカンプは、芸術的環境においてもオランダの人々の間においても、当然のことながら名高い名声を享受し、オランダの絵画の最も代表的な代表者の一人として残った。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

城壁の外スケート – Hendrik Averkamp