地面に横たわっている男 – Giovanni Battista Tiepolo

地面に横たわっている男   Giovanni Battista Tiepolo

たくさんのTiepoloの絵が保存されています。それらのほとんどは彼の将来の絵画へのエチュードです – 例えば、「聖ペテロの頭の斬首」。しかし、時々芸術家は独立したジャンルとして図面に目を向けたり、彫刻の基礎になることになっていた図面を作成しました。

「地面に横たわっている男」のような、裸の自然の絵を含む、彼の幼い頃に芸術家によって作られた絵に到達しました。ほとんどの場合、Tiepoloはペンと茶色のインクで塗りつぶしました – 1760年の「Home and Tower」etudeが作成されたのはこのテクニックです。時には芸術家は黒と赤のチョークを使いました、そして時々 – 混合技術。Tiepoloの絵は、明るさ、鮮やかさ、そして光と影のわずかなコントラストで際立っています。



地面に横たわっている男 – Giovanni Battista Tiepolo