四つの要素 – ピーター・ルーベンス

四つの要素   ピーター・ルーベンス

フランドルの芸術家ピーターポールルーベンスの絵画 “四つの要素”。絵の大きさは209 x 284 cm、キャンバスに油彩。「四大陸」としても知られています。

古代の自然哲学の要素は自然の主要な基本要素の1つです[たとえば、古代中国の哲学 – 水、火、木、金属、地球 – 古代ギリシャの哲学 – 地球、水、空気、火、後のエーテルなど]。 。

実際、この要素は自然現象であり、強力で破壊的な力として現れます。ルーベンスの絵では、4つの要素がオリンピックの神々のイメージで表現されています。



四つの要素 – ピーター・ルーベンス