噴水のそばで踊る – Nicola Lancre

噴水のそばで踊る   Nicola Lancre

フランスの芸術家Nicolas Lancreによる絵画「噴水で踊る」絵の大きさは105 x 132 cm、キャンバスに油彩。ルイ14世王の時代の「勇敢な」世紀の時代、そしてその後の時代には、フランス社会のサロンの代表は、特に広場や公園の噴水で、自然の中でボール、ダンス、お祭りを開催するのが好きでした。噴水は、便利な解体のため、または公共の広場、庭園、公園、中庭などを飾るための、ジェット気流中の人工的な水の放出です。

多くの場合、記念碑的な芸術作品の形で、噴水は建築的および装飾的な目的を果たし、そしてジェット機の高さおよびそれらの様々な組み合わせによって大きな効果が達成される。最も有名な宮殿公園の噴水:ロシア – ピーターホフ – フランス – ヴェルサイユ – サン – クラウド – ポツダム – イングランド – ロンドンの近くのスーデムにある噴水。



噴水のそばで踊る – Nicola Lancre