品川、御殿山 – 歌川広重

品川、御殿山   歌川広重

品川は東海道の最初の駅でした。日本橋は出発点、距離の出発点と見なされていましたが、京都、奈良または大阪に行く旅行者のために、江戸への別れは東首都の南西郊外 – シナガワで行われました。広重はしばしばこれらの場所を様々なシリーズで描いた。この山には太田青カンの城がありました。

江戸時代の始まりには、徳川家が御殿邸を建て、そこに居城が住み、豊臣秀吉、エホギミが住みました。そのため、この山は御殿山と名付けられました。それから宮殿は全焼しました、しかし名前は残りました。8番目の将軍Yessimuneはここに桜の木を植えるように命じました。この場所はさくらを鑑賞するためのお気に入りとなっています。ここでは、桜は江戸の他の地域より早く繁栄しました。

日本を訪問した後、政府の命令により、ペリーの「黒い船」は、海岸に要塞が建てられました。これは本物の彫刻で広重に伝えられます。彫刻の修正配色の後のバージョンでは。緑ではなく前景が青になり、海岸の斜面が黄色い色調で描かれています。夕日の帯は濃い紫色です。正方形のカルトゥーシュは赤い色を帯びています。



品川、御殿山 – 歌川広重