吾妻の森神社の樟脳

吾妻の森神社の樟脳

広重彫りでは、観者は、その前に石の鳥居がある、阿寒の森神社に通じる、じっかんがわ運河沿いの道を見ることができます。Rocha Azumaは、梅園のKameido Umeyasikiの南、Kitadzikkangava川の北岸に位置していました。聖域は、神話の主人公である本州の東方領土の征服者である、オットティバナヒメのミコトウの神に捧げられていました。

キャンパスツリー「Renri no Kusu」は寺院で育ち、その幹は1.2メートルの高さで分岐しました。それはシートの中央に描かれています。彼は軍事作戦「たけのみこと」の伝説に関連しています。相模地方に着くと、船でエドス湾を渡ろうとしていましたが、嵐が起こり、要素をなだめるためにOtotatibanahimeは自分自身を波の中に投げ入れて犠牲にしました。彼女の着物は吾妻の木立のほとりに釘付けにされた。この出来事を思い出して、海岸近くに塚が注がれました。やまとタケルは、その中に2本の樟脳の木の箸を突き刺しました、そして、彼らは発芽しました。この木は神聖で、神の住まいと考えられていました。

この彫刻の細部のいくつかの変更に加えて、色のアクセントはその後の版で導入されました。右下隅が暗くなり、畑の土の色が変わりました。彼は濃い灰色に変わった。正方形のカルトゥーシュは濃い青です。



吾妻の森神社の樟脳