叙階 – ニコラス・プッサン

叙階   ニコラス・プッサン

叙階はクリスチャン教会の秘跡の一つであり、どんな司祭の献身も伴う。ここでプッサンはキリスト教の歴史の中で「最初の叙階」を描いた。

キリストは、使徒ペテロに、彼の前にひざまずいて、彼が自分の教会を建てる石になる運命にあると言われました。彼の左手では、救い主は天の門への黄金の鍵を、右では地下世界の扉への鉄の鍵を握っています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

叙階 – ニコラス・プッサン