受胎告知 – レオナルドダヴィンチ

受胎告知   レオナルドダヴィンチ

レオナルド自身によって考え出され書かれた、宗教的なテーマに関する最初のキャンバスの1つは「受胎告知」です。美術史家は、傑出したフィレンツェの芸術家ドメニコ・ギルランダイオの筆によるものであるこの作品は、実際にはレオナルドによる筆に属していると結論づけました。

残念ながら、誰が1472年から1475年ごろにレオナルドによって作成された「受胎告知」のために注文を出すことができたかについては知られていません。レオナルドは私たちに降りてきた彼のメモや手紙の中でこの絵について言及していませんが、彼のメモの多くは失われたことを覚えています。書面による契約は、取引の日付および作業の予定完了日です。そこには画像の説明もあり、絵に描かれるべき数字の数、必要な色の言及が示されています。「受胎告知」は、彼が彼の見習いを卒業してプロのアーティストになったときにヴェロッキオのワークショップでレオナルドによって書かれたことは可能です。

研究者たちは、この絵は、フィレンツェ近くのモンテオリヴェートの聖バルトロメオ修道院で再建または更新された教会の祭壇画として描かれた可能性があると信じています。その絵は1867年までそこに残り、その後フィレンツェのウフィツィ美術館に移されました。裏側の碑文は、他の証言から判断すると、しばらくの間それが修道院の食堂の壁を飾っていた絵が聖域にかかっていたことを確認しています。キャンバスの長方形の形状は、それが祭壇の真上にぶら下がる可能性があることを示しています。

この写真では、Leonardoは幾何学的視点を使用しています。聖母マリアの図の右側にある床タイルの対角線のグリッドは、視聴者の視線を、写真の中央にある建物の後ろの風景に向けています。レオナルドは、直線的な視点を持っていることにそれほど重点を置いていませんでした。絵画に取り組んでいる間、レオナルドは画家としての彼のスキルを向上させ続けた。

写真はVerrocchioのための画像構築のいくつかの典型的な方法を明らかにしています。おそらく、この作品はLeonardoによって教師のワークショップで書かれたのでしょう。例えば、聖母マリアの手の動きと彼女のローブの彫刻的な性格は、ヴェロッキオが生徒の作品に与えた影響を示しているかもしれません。講堂の麓はフィレンツェのサンロレンツォ教会のピエロデメディチの墓にあるヴェロッキオの彫刻に似ています。

いくつかの特徴はこの仕事が一種の実用的な仕事 – 卒業後のテスト – であると判断することを可能にします。同じことが、写真の中央に広がる教卓の装飾の施された土台にもあると考えられます。これらすべては、絵が、若手アーティストの経験の浅い手の特徴である、画像の不正確さや欠陥を伴う、独立した作品を作成するための学生による試みであったことを示唆しています。絵がだれにも注文されていないので、これは彼女について書かれた証言の欠如を説明するでしょう、そして彼女が最も寄付されたであろう修道院での彼女の滞在を説明するでしょう。

構成に反映されている物語の説明はルカの福音書にあります。そこでは、神から送られた大天使ガブリエルは、「喜んで、祝福された者よ!」と宣言し、妊娠した聖母マリアに妊娠を知らせました。大天使はまた生まれた息子を「イエス」と呼んだ。



受胎告知 – レオナルドダヴィンチ