受胎告知 フレスコ画 – Bernardino Pinturicchio

受胎告知 フレスコ画   Bernardino Pinturicchio

受胎告知 – 誕生、聖母マリアへの大天使ガブリエルによる救世主の化身についての聖母マリアへのもたらし – これは、人類の救済への道で、最も重要な出来事です。受胎告知の出来事について福音書の作者のうちの一人 – 伝道者ルカ – のみに語る。この解説は、アポクリファルの詳細が補足されたもので、絵のイメージの基礎を成していました。

福音伝道者ルカは、大天使ガブリエルはダビデの家から夫のジョセフに従事して聖母に送られたと語ります。「聖母マリアの名前」マリアに現れて、大天使は彼女に言いました:「あなたは妻の中であなたは恵まれています」「あなたは神に賛成を見つけました;そしてあなたはあなたの子宮の中で想像し、あなたに子を産みます」。この子は、天使が続けたように、「最高で最高の子と呼ばれるようになるでしょう」そして「彼の王国に終わりはないでしょう」。天使の言葉に応えて、メアリーはこう言いました。「夫がわからないとき、どうなりますか。」そして、天使は彼女に答えました:「聖霊はあなたを見いだします、そして最も高い力の力はあなたを覆い隠します。ですから、生まれた聖なる者は神の子と呼ばれるでしょう」。それからメアリーは言った:「見よ、主の奴隷。それはあなたの言葉に従ってわたしのところに。」「そして天使は彼女から出発した」と伝道者は彼の話を終えた。

メアリーは、彼が伝えたメッセージを聞き、彼らにもたらされた恵みを見つけたというサインとして、大天使ガブリエルの方向に頭を曲げました。福音を補完する「原始福音派」は、ヨセフの家に住んでいたマリアが、7つの処女の中から神殿のベールを作るために大祭司に選ばれたと報告しています。アポクリファによれば、この聖なる仕事のために、彼女に送られた大天使はそれを見つけます。

最初に、彼女を歓迎している彼の声だけがマリアによって聞かれます、そして、彼は井戸から水を引くために水差しで家を出ました。そして、おびえて震えて、彼女は家に戻り、紫色になって再びそれを回転させ始めると、天の使徒が彼女の前に現れて福音書で話されている朗報の言葉を話します。



受胎告知 フレスコ画 – Bernardino Pinturicchio