受胎告知 – パオロ・ヴェロネーゼ

受胎告知   パオロ・ヴェロネーゼ

“受胎告知”はScuola Dei Mercantiのために書かれました、その建物はまだMadonna del Ortoの教会の近くにあります。当初、キャンバスはトリプティクの中心的な部分でした、その横のキャンバスはマーシーとベラの白黒の寓意的な人物を描きました。

柱の根元には、キャンバスの顧客(KadabrazzoとKoponiの家族)の紋章があります。この作品は、建築的観点から見た風景の中での演劇として作られています。まるで壮大な空間を描き、ヴィチェンツァのサンタマリアノヴェッラ教会に似ているかのような小さな寺院があり、偉大な建築家であるだけでなく、世界中のテアトロオリンピコの街を壮観にしています。



受胎告知 – パオロ・ヴェロネーゼ