千駄木の丹後坂斜面の花館

千駄木の丹後坂斜面の花館

Sandagiの名前は砂岩の木で覆われていた周囲の森林で薪を収穫した地元の農民の主な取引から由来したと考えられています。それから彼らは販売のために江戸に運ばれました。ここはダンゴザカの有名な斜面で、ダンゴケーキを売っていた場所で、斜面に名前が付けられました。広重は、「源氏」の定型化された雲を使用して、構成を2つの等しい部分に分割します。

上部にはKhanayasiki – 花の三階建てのパビリオンがあります。時々彼らは彼を「Vicki Khan Yasaki」 – 「四季の花のパビリオン」と呼んだ。上野の丘とSinobadzu no Ike池の美しい景色を眺めることができます。シートの一番下に、アーティストは蓮の池と開花する桜を賞賛する市民を描きました。文学では、芸術家が同じ彫刻の異なる季節だけでなく異なる季節を見せたという意見がしばしばあります。上部に – 秋、そして下部に – 春。後者の仮定はより容認でき、花のパビリオンの名前の意味を強調しています。

これらの彫刻の違いはそれほど重要ではありません。最近のバージョンに内在する色の全体的に高められた明るさに加えて、小さな暗い水平の雲が彫刻の構成に導入されて、彫刻にもっと薄明かりの外観を与えます。



千駄木の丹後坂斜面の花館