千住大橋 – 歌川広重

千住大橋   歌川広重

以前は千住地区は隅田川の上流であった荒川の北岸に位置していました。千住観音の像が川の中で発見されたので、このように命名されました。鎌倉時代、今四半期は岡海道にありました。

江戸時代には、奥州道だけでなく三陸道、桜海道、日光堂も千住大橋を通っていたので、重要な交通の要所でした。江戸の防衛に関しては、徳川家康は橋の建設に反対していた。しかし、交通量の多い千住は例外でした。橋は1594年に建てられ、スミダガバ川の最初の橋でした。それから家は橋の北側に、そして次に南に現れ始めた。地区の名前は北 – 北千住、南 – 南千住に形成されました。

彫刻では見えませんが、右側の対岸には北千住があります。堤防には、秩父 – サンティの山々から荒川に沿って荒川の下に垂れ下がっている、森の卸売店があります。これらの山々の尾根は地平線上に見えます。彫刻の全体的な色調はほとんど変わっていませんが、後の版の多くのシートのように、それはより彩度が高くなります。初期のバージョンの黄色の長方形のカルトゥーシュの色はピンクに変わります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

千住大橋 – 歌川広重