十字架を担う – Simone Martini

十字架を担う   Simone Martini

1305年に法王に選出されたクレメントVがローマからアヴィニョンに教皇邸を移したとき、芸術家は彼を追った。Simone Martini – おそらくアヴィニョンの新しい教皇法廷の最大の画家 – は直接または反映された、そこから非常に遠くに広がったビーコンでした。

シモンは、行列の移動、街から出てカルバリーへの不吉な道に入る「十字架の運び」において、彼の指導者であるシエナのマスターであるドゥッチョが開発した多人数のシーンを描く技法に従いました。シモーネの作品を通して、シエナの絵画の影響は北の厳格なゴシック様式の絵画に広がり、フランスで長続きする影響を与えました。エルサレムの道を下ると、群衆はカルバリーに向かう方向に組織されるのに苦労します。

シャープなカラーアクセントが悲しみに取り乱したメアリーマグダレンの姿を際立たせていました。彼女の手は十字架のすぐ上に上げられており、それが儀式の行列の方向を定めています。シエナの達人たちは、人間の固まり、その強さ、そして性格について活発に感じました。ここでは誰も – 彼がキリストの支持者であるか邪悪な迫害者であるかにかかわらず – に等しい力で残りを抑圧している。そして、ピンク色の壁の輪の後ろの街は、シエナ学校の作品の中で最も注目すべき建築的見解に属しています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

十字架を担う – Simone Martini