勝利の風、晴れの日「赤富士」 – 葛飾北斎

勝利の風、晴れの日「赤富士」   葛飾北斎

日本の木版画は角のある木版画です。それのための決まり文句はナシまたはサクラの木の縦断面で作られました。

芸術家のスケッチがボードに重ねられ、すべての線が両側から鋭利なナイフで切り取られました。同時に、木質繊維パターンの滑らかさはその線状構造に影響を与えるだけではない。

当初、彫刻は一色であり、その比較的小さな回覧はすべて手で彩色されていました。それは、作品に即時性と人造の特別な魅力を与えました。彫刻の開発の初期は1680年から1760年までさかのぼります。

最初の傑出した名人は久川守信でした。愛の歌詞とジャンルのテーマに関する彼のイーゼルグラフィックは、色の欲求によって強調された線の書道表現、地上の美しさの美化、および装飾によって際立っていました。菱川モロノブの作品のほとんどは、本の反転の形式に似た横方向の形式を持っています。本を使い、それらをシートの角にビネットします。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

勝利の風、晴れの日「赤富士」 – 葛飾北斎