利根川、利根川 – 歌川広重

利根川、利根川   歌川広重

Konoday HillはSimousadayの西郊外に位置しています。丘のふもとには、利根川が北から南へと流れていた。この丘の上の方には、里見に属する市川城がありました。彼からそれほど遠くないところには国分寺がありました。シモスで最も忙しい場所でした。

江戸時代には、利根川には白​​鳥がたくさんいたため、この地の名前に「白鳥」という名前が入り始めました。江戸を洪水から守るため、幕府政府は利根川の流れを南から東に変えるように命令しました。水の一部はさらに南のKonodai Hillの西の麓を流れ、Edovan湾に流れました。この江戸川とも呼ばれた。流れの変化により、日本北部からの貨物輸送が便利になりました。

江戸時代には、丘の破壊が起こり、急な急斜面が形成され、左側の彫刻に見えます。丘から今日の美しい景色。地平線上には、江戸城、三十字寺の森、東本願寺の屋根、上野山地、さらには富士山が見えました。崖の基部は茶色の色調で描かれており、初期のバージョンでは色は均一です。ボカシの青い縞は交差していませんが、利根川のコースに沿って走っていて、崖の付け根を覆っています。水平線が黄色い空は、次第に淡いピンクと青に変わります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

利根川、利根川 – 歌川広重