冷たい金星 – ピーター・ルーベンス

冷たい金星   ピーター・ルーベンス

“Sine Baccho et Cerereフリゲット金星” [Lats。 – 「バッカスとセレスがなくても金星には熱はありません」]このフレーズはローマのコメディアン、テレンスからの引用であり、愛はワインとごちそうなしで冷えるのです。

このテーマは、特にフランドルの芸術家の間で、18世紀に人気がありました。これはルーベンスによって書かれたこのトピックの2番目の絵です。



冷たい金星 – ピーター・ルーベンス