冬 – ジュゼッペ・アルキンボルド

冬   ジュゼッペ・アルキンボルド

「冬」は、あるところではすでに消えてしまった、樹皮にひびが入った古代の腐った切り株として寓意的に描かれています。悲惨な、少し活気のある老人のような切り株。彼の鼻は折れ、腫れ、そして薄片状になり、彼の歯のない口 – きのこ – は曲がって座っており、そして彼のあごはいぼで散りばめられています。

顔全体が毛、傷跡、かさぶたで覆われ、小さな目が樹皮のひび割れに深く隠されています。耳のように、壊れた枝から結び目が残った。その老人は寒さから凍りつき、わらのマットで保護されています。

しかし、冬は永遠ではないという事実から、彼らは2つのレモン – 黄色とオレンジを言います。彼らは鈍い雰囲気に太陽の光と暑さを垣間見る。

春の象徴は、老人のうなじの上に成長しているツタの緑の葉と、冠のように絡み合ってぶら下がったブドウの絡み合いです。紋章は、絵が皇帝によって依頼されたという印としてマットの上に見えます。



冬 – ジュゼッペ・アルキンボルド