内藤新宿のえつや – 歌川広重

内藤新宿のえつや   歌川広重

江戸江戸門の向こう側、小須賀道道路沿いに、江戸悦也沖合の西側の前哨基地があり、その前側の最初の駅は内藤新宿。1698年、バクフ政権が県知事の新湯高戸 – 内藤若狭神に邸宅のある土地の一部を返還するように強制した。そこに家が建てられました、馬を変えるための郵便局。したがって、四半期の名前 – 内藤新宿。

この彫刻の構成は珍しいです:観客は自分自身を馬の群れのレベルで見つけることができ、それは葉の最初の計画のほぼ半分を占めています。馬のひづめには、日本で金属製の蹄鉄の代わりに使用された特別なわらサンダルがあります。馬の前に立っている新郎の足は、すぐに気付かれることはありません。これは冗談、芸術家の一種の絵です。

左側に – 一連のお茶屋、ホテル、お店、娯楽の場。葉の奥には木立があり、その後ろに玉川の桟橋がありました。後期版の色の変化は、とりわけ彫刻の長期計画に関するものです。樹冠の背後にある鮮やかな赤い帯が徐々に濃い青に変わり、葉の上縁に近づきます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

内藤新宿のえつや – 歌川広重