六国橋の花火 – 歌川広重

六国橋の花火   歌川広重

1730年代初頭、第8将軍ヨシムネの統治の間に、飢饉は日本中で激怒していました、コレラは広がりました、100万人以上が死にました。爆風はグランドクレンジングフェスティバルを手配するよう命じました。そして、その重要な部分がRekububi橋の上の花火でした。1833年5月28日にカワビラキという名前で開催されました – 「川の発見」。

花火は橋から、船から、または橋の周りの数多くの施設から観察されました。花火を担当したのは、浅草のKagia YaeとRegoku HirojiのTamaya Ichibeの2人の制作責任者でした。TamayaはRegokubashi橋の上流で花火を担当しました、そして、下流でKagiaを担当しました。花火の花火の光の中の黒い空は、葉の3分の2を占めています。

川には様々なボートが見えます。前景の中央には大きな船が家の形で描かれています – これはやかたねねです。裕福な市民だけがそのような船を借りることができます。ここではまた、軽食やお酒が売られていたポールに懐中電灯のついたボート屋や、ミュージシャンが遊んだボートが浮かんでいました。彫刻の初期のバージョンは、微妙で正確な色合いで印象を与えます。後のバージョンでは、花火が暗い空に対して明るく表示されているにもかかわらず、色彩的な解決方法はいくらか直線的です。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

六国橋の花火 – 歌川広重