光俣のダクト わかれのふんわり – 歌川広重

光俣のダクト わかれのふんわり   歌川広重

スミダガ川の下流のMannenbassi橋からそれほど遠くなくて、Hakodzakigawaチャンネルはそのメインチャンネルから分離しました。川の2つの枝の交差点で函館の島が形成されました。Mitsumataの名前 – 「フォーク」はこの地域に固定されました。エドス湾の満潮時に川に現れた淡水と海水の水路が通過したため、その別名はVakarenofuntiです。

函館市からそれほど遠くない、新大橋では、江戸で最も人気のある娯楽地区の1つが位置していたナカザックの大地がありました。ここではレストラン、ティーショップ、娯楽の場所が盛んになりました。しかし1789年、将軍松平貞信の命令により、その群れは掘り下げられ、再び水路に変わりました。彫刻の前景には、中坂がいた場所が描かれています。右側には、Hakodzaki島にデイミーマンションがありました。そのうちの1つは、赤い門があり、葉の端で切り取られていて、Hotaの名前で知事知事の所持品でした。

背景には黒い上と白い斜面を持つ富士が立っています。富士山のふもとにある様式化された霧の色は、2番目のバージョンではより複雑になります。地平線上の明るい黄色の縞模様が緋色になります。後のシートのボカスストリップは下端に沿って走ります。



光俣のダクト わかれのふんわり – 歌川広重