修道女の衣装 – ピータールーベンスのインファンタイザベラの肖像画

修道女の衣装   ピータールーベンスのインファンタイザベラの肖像画

スペイン王のフィリップ2世の娘であるインファンタ・イザベラはアルバート大司教と結婚し、彼と共にスペイン王のためにオランダを統治した。

1621年の夫の死後、彼女は一人でこの使命を遂行し続けました。ルーベンスはインファンタの宮廷の芸術家だけではなかった。才能のある外交官で、彼は長年にわたってインファンタの様々な政治的任務を首尾よく遂行しました。



修道女の衣装 – ピータールーベンスのインファンタイザベラの肖像画