保護者の家の中のキリスト – John Everett Millais

保護者の家の中のキリスト   John Everett Millais

ミレスは教会の説教の間に1848年の夏にこの絵の陰謀を思いついたと言われています。キャンバスには彼の父ヨセフの工房の小さなイエスが描かれています。イエスはただ将来のはりつけの予感として理解することができる釘で彼の手を傷つけました。

ミレスは1849年11月に最初のスケッチを作り、12月にキャンバスを始め、そして1850年4月に絵を完成させた。一ヵ月後、芸術家は王立アカデミーの夏の展覧会で彼女を発表しました – そして不機嫌そうな評論家は彼を攻撃しました。特に作家チャールズディケンズは激怒した。Family Reading Weeklyに掲載された記事の中で、彼は、イエスが「斥力、落ち着きのない、赤毛の少年 – 近くの溝から出てきたばかりの夜更かしの中で泣いている」ように見えると書いた。マリアディケンズについてマリアディケンズは、「醜い恐怖のために」と書かれていると述べました。同様の表現で、ミレスの写真とそれを「嫌だ」と言ったタイム紙はその写真に答えた。

批評家によると、「大工仕事場の吐き気の詳細を憂鬱にすることは、写真の本当に重要な要素をあいまいにする」。事実、ミレスによって珍しく表された宗教的な場面は多くの人によってあまりにも荒れていて、ほとんど冒涜的であると考えられていました。芸術家は必死になって、彼の努力はすべて無駄であると決心しました。彼は本物の大工仕事場で何日も過ごし、地元の大工の仕事を見ながら細かいところまで自分の動きを記録しようとしました。一方、この絵はまだミレスの最も重要な作品の一つと考えられています。



保護者の家の中のキリスト – John Everett Millais