使徒パウロの死 – Sebastiano Ricci

使徒パウロの死   Sebastiano Ricci

イタリアの芸術家Sebastian Ricciによる絵画「使徒パウロの死」。塗装サイズ60 x 92 cm、キャンバスに油彩。絵は彼の甥、風景画の達人、マルコリッチと共同で書かれました。

使徒パウロの生涯は、宣教師としての旅の歴史であり、彼はアジアの深部から世界の首都、さらには伝説によればスペイン、そしてイギリスに至るまで、世界中を疲れ果てずに過ごしました。

使徒パウロの説教のおかげで、キリスト教の中心地はアジアでも地中海の北部沿岸地域でも形成され、そこで彼は何度も航海し、そこで彼は繰り返し難破しました。

使徒パウロは、すべての困難や危険を無視しながら、驚くべき無私無欲で自分の考えを果たしました。使徒パウロはローマで彼の人生を終えました、そこで伝説によれば、彼は斬首のためにネロによって非難されました、そして、64と67 ADの間の使徒ペテロと共に処刑されました。



使徒パウロの死 – Sebastiano Ricci