使徒への聖霊の降臨 – ミハイル・ヴルベル

使徒への聖霊の降臨   ミハイル・ヴルベル

ヴルベルの最初の作品の一つ。これはキエフの聖シリル教会のコロボフのアーチの上の芸術家によって書かれた巨大なフレスコ画 “聖霊の降臨…”です。

福音書の伝統によれば、聖霊は使徒たちへの鳩の形で現れ、そこから発せられる炎は「彼らのそれぞれにかかっていました」。この後、使徒たちはすべての言語で話し、すべての国々にキリストの教えを説教する贈り物を見つけました。他の福音伝説のように、「降下」のプロットは教会美術において何世紀も前の伝統によって確証されたその図像的な計画を持っていました。ヴルベルは明らかにその計画に従っており、おそらく福音書の古くからのミニチュアを使っていましたが、彼は自分のやり方で数字を解釈し、現代の芸術家であることを示しました。

12人の座席の使徒は半円状に配置されているので、構成は金庫室の建築形態に適合します。真ん中には、神の母の非常にまっすぐな姿が立っています。背景は青、金色の光線は鳩の姿をした円から発し、使徒のローブは明るく、真珠層の色合いが内側から輝きを生み出しています。使徒たち自身のグループは、それ自身の方法でそれを表現する一般的な高い高揚感に抱かれて、信じられない印象を作ります。



使徒への聖霊の降臨 – ミハイル・ヴルベル