会則5月3日 – 1月アロイマテコ

会則5月3日   1月アロイマテコ

5月3日の憲法で、マテイコはポーランドの歴史の発展についての多数の陰謀線を一瞬のうちに結び付けるという考えに再び向きを変えました。この場合、この目的のために最も適した主題はSejmの大使が会議場から聖ヨハネ教会に移動したときの芸術家の瞬間でした。

教会の方向への道に沿って、彼らを歓迎する群衆、憲法の創作者そして支持者に囲まれて動いています。行列の先頭に立つのはスタニスラフ・アウグストゥス・ポニャトフスキー王、教育Hugo Kollontaiで、もう少し先に進んでいます。大使の後ろには、Sejmの2人のマーシャル、Stanislav MalakhovskyとCasimir Nestor Sapegaがいます。行列が閉じます:Stanislav StashitsとAndrzej Zamoyski。

後者は群衆から農民の見物人を連れて行きます。この歴史的な出来事の目撃者の中には、いわゆるコメンタリー・フィギュア、つまり何が起こったのかに対する著者の態度を目に見えないようにそして控えめに強調するようにデザインされたイメージがあります。「5月3日の憲法」の中で、研究者は少なくとも2つのそのような人物を見つけます:それは雄弁に身振りで示す老人ユダヤ人と司祭ホフバウアーです。これらの図は描かれた出来事に対する芸術家の批判的な態度を示していると信じられています。マテコは確かに保守的で憲法の寛大な規定の反対者であった。



会則5月3日 – 1月アロイマテコ