人形を持つ子供 – アンリルソー

人形を持つ子供   アンリルソー

ルソーには奇妙な子供の肖像画がいくつかあります – 子供たちはほとんど不吉に見えます。彼らの体は不自然に大きく、そして彼らの表現は思慮深くそして暗いです。

ルソーによるこの種の作品の好例は、絵画「人形を持つ子供」です。その上に描かれた少女は、自分自身に人形を握りしめながら、見る人の目に顔をしかめます。しかし、ここの人形は人形のようなものではありません。彼女は、地獄のような子供の力で倒れた、無力な大人のようです。

ルソーの「幼稚な」肖像画の構図も同様に奇妙で神秘的なようです。たとえば、「岩の上の少年」という作品では、山の上にいるように大きな子供が「殴られ」ています。また、こちらの鑑賞者は絵の主人公が死んでいるような気持ちを残しません。



人形を持つ子供 – アンリルソー