人の子 – ルネ・マグリット

人の子   ルネ・マグリット

社会学の教科書の表紙に印刷するのが大好きな、マグリットの最も有名な作品。

マグリットはこの絵を自画像として描いた。しかし、彼のそれぞれの絵は単なる美しい絵ではなく、哲学的なたとえ話であるため、各視聴者は「人の子」を異なって解釈します。

最も一般的な説明はこれです:私たちの目の前にはアダムの現代の子孫がいます。そして、リンゴは現代の世界で人を悩ませ続けている誘惑を象徴しています。



人の子 – ルネ・マグリット