井の頭の池の弁天神社 – 歌川広重

井の頭の池の弁天神社   歌川広重

井の頭の池は、湧水の多い武蔵の地域にありました。この地域は江戸の中心からかなり離れていて、首都の郊外でもそれを呼ぶのは難しいです。池の歴史は池の水の透明性と味を鑑賞し、江戸に飲料水を供給する水路の建設を命じた徳川家康とつながっています。

Kanda-dzey水路は17世紀の初めに建設され始めました;その中の水は激しい干ばつの間でさえも乾きませんでした。池には地下の七つの鍵があり、他の名前は七井の池です。それは長さ約1キロメートルの細長い形をしていました。池からは日光の尾根が見えましたが、廣重は南側から見ていますが、池自体は北東から見えます。それほど重要ではなかったでしょう。江戸の住民全員が、池から日光の山々が遠くに見えることを知っていたのです。

池の真ん中にある島には、そこに通じる橋のイメージのように、真正面から見た「弁天の八代神社」があります。背景の雲の黄色い帯は、後期版のシートでは色が変わります。1番目と2番目の計画の木は、はっきりした暗い輪郭を描きます。地平線上の赤い輝きは徐々に濃い青の帯に変わります。



井の頭の池の弁天神社 – 歌川広重