亀戸 – 天川広重の聖域天神の領土

亀戸   天川広重の聖域天神の領土

1646年、大鳥信介の修道士が菅原の道の像を切り取り、梅の木、日内から礼拝堂を建て、亀戸の村に彫像を設置しました。これが亀戸の天神神社の始まりです。それは、学者や学生の後援者として、そしてまた雷の神として、亡くなった九州に追放された平安時代の大臣であり詩人である菅原の道三に捧げられました。彼は福岡からそれほど遠くないところにある太宰府天満宮に埋葬されていたため、天神神社は東ダザフとも呼ばれています。

彫刻の前景全体は、夏を象徴する花、ウィスタリアによってとられています。しかし、これらすべての場所のほとんどは藤の開花で知られていました。寺院の領土には池と2対の橋、1つは石、もう1つは木造でした。その形のために、彼らは名前太鼓橋を教えました。木製は男性的、石造り – 女性らしいと見なされました。Hiro-sigeは木の橋を描いた – その大きさをいくらか誇張している。

後のバージョンの彫刻の着色はより装飾的になります。丸い橋の見える床である空は濃い青色で描かれていますが、初期のバージョンのように橋の後ろの空の色とは一致しません。上部の濃い青のバーが赤に変わります。



亀戸 – 天川広重の聖域天神の領土