亀堂梅園 – 歌川広重

亀堂梅園   歌川広重

江戸の湯島天神寺としても知られる亀戸天神神社の北東には、有名な梅邸宅清家庵と名高い梅園の亀戸梅屋敷がありました。この大邸宅は、その豊富な梅の木で知られていました。かつては着物商人伊勢彦門の住居でした。最も有名なのは、地面に輪状に巻かれた龍の形をした梅の木です。それはGaryubayと呼ばれていました。

木の高さは3メートルに達した。根の厚さは約1.5メートルで、地下に行き、そしてそれから、少し離れて、外に出て、新しい幹を形成しました。枝は地面に降りて、そして絡み合って、また立ち上がった。この木は広重を描いたものですが、一見したところ梅園全体が見えているようです。梅が育った領土は柵で囲われていて、庭に入らずに熟考することができました。西洋絵画の歴史において一定の役割を果たしたのはこのシートでした。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホがそれをコピーして、浮世絵の絵画技法を研究したことは知られています。カラーパレットの後期彫刻における著しい変化は受けていない。彼女は明るくなり、よりエレガントになりました。白い梅の花が赤い夕焼け空に対してはっきりと目立つ。



亀堂梅園 – 歌川広重