亀堂梅園 – 広重

亀堂梅園   広重

江戸時代には、釜戸村は首都の郊外でした。ここでは珍しいGaryubay梅の木が特に有名でした。木は明治13年の洪水で枯れた。

「江戸時代のこの場所で、梅園の所有者が梅園を壊して「うんじあしき」または「西光庵」と呼びました。庭園は娯楽の場として有名になりました。梅の花の熟考。

その中には有名な梅の木があり、その枝は横になっている龍のようでした。彼らは吊り下げられて地面に着き、そしてかなりの距離で出て、新しい幹を形作りました… “絵

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホはそれをコピーして、当時日本で最も特徴的な芸術形式として認識されていた浮世絵彫刻の絵画的技法、構成的構造および感情的構造を研究した。



亀堂梅園 – 広重