主よ、鴨さん? – アニバレ・カラッチ

主よ、鴨さん?   アニバレ・カラッチ

この絵は、その適度な大きさにもかかわらず、常に観客に深い印象を与え、Annibale Carracciの傑作の1つと見なされています。芸術家は初期のクリスチャンの黙示録から作品のためのプロットを描きました。

使徒ペテロは彼の人生の最後の年をローマで過ごしました。クリスチャンの迫害がここで始まったとき、彼は街から逃げることにしました。Appian Wayに、キリストは彼に会いました。ペテロは彼に尋ねた、「主よ、あなたは鴨に来ますか」。。

救い主は彼が再び十字架につけられるためにローマに行くつもりであると彼の弟子に言いました。それからペテロは彼の飛行を恥じていて、キリストの言葉を街に戻ってそこで殉教者の死に苦しむ命令であると考えました。このプロットは、そのドラマにもかかわらず、絵画では非常にまれですが、カラッチは少なくとも2回それを具現化しました。

彼がこの絵の仕事を始める1年前に、彼はサンタマリアデルの死んだ教会のCherasi礼拝堂のアーチの上にAppian Wayでキリストと使徒ペテロの出会いをすでに描いていました。確かに、最初の作品はここに示された絵の特徴である表現力と深さに違いはありませんでした。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

主よ、鴨さん? – アニバレ・カラッチ